「強引なワキ毛処理」は後で必ず後悔します。

私が初めてムダ毛の処理をしたのは高校生の頃ですが、当時は、T字の手動カミソリだけである程度は綺麗に処理ができていたと思います。金銭的な限界もあったのですが、友達もやはりT字カミソリ派で、ジェルの出る肌に優しいタイプのものを使用していました。

しかし、高校を卒業して大学に進学する頃から、少しずつT字カミソリだけでは手に追えないような状態になってきました。発毛のインターバルが短くなるというか、処理をしてもすぐにチクチクとしっかりとした太い毛が生えてきてしまうんですよね。

ワキの下やVゾーンなどの肌が弱い部分は特に、処理をすればするほどポツポツと毛穴の跡が気になるようになり、このままじゃいけない!と除毛クリームに処理方法を変えてみました。

ただ、除毛クリームは根元から毛を処理できるわけではないので、当然処理をしてもすぐに元の状態に戻ってしまうんですよね・・・。そのうちに足のムダ毛には埋没毛も発生してしまいますし、一体どうすればいいのやら。

当時はエステや家庭用脱毛器にはなかなか手が出せなかったので、電動シェーバーや電動脱毛器、ワックスなどなど、ムダ毛の処理を巡ってはかなり迷走していたと思います。
ワックスなんて冷却ジェル付のシートタイプのものを使えばいいのに、ペタペタとハチミツ状のワックスを塗って、そのまま一気にはがす!なんていう無茶なこともしていました。

結局、友達にオススメされた「やわ肌ガード付」の電動脱毛気が一番負担が少なく、脱毛効果も比較的長持ちするように思えたので、しばらくの間はずっとそのシェーバーを愛用していました。

しかし金銭的にも余裕ができ、今年の4月から、美容脱毛に通って脇の処理をすることを決心しました。

サロンで美容脱毛をしようと思ったきっかけ

これまで脇には散々悩まされました。人から指摘されたわけではありませんが、処理をしても黒ずんでいるのではないか、次の日には少し生えてちくちくする脇毛を見て人は処理していないと判断するのではないか、彼氏とのセックスも脇を気にしながらで行為に集中できないことさえありました。

美容脱毛を始めようと思ったきっかけは、たまたま職場でブームがきたことです。「今からなら夏に間に合う!」と、店は違えど揃いに揃って脱毛を契約する女性社員が続出しました。
私はそのブームに乗っかったということです。
http://waki-datumo.com/
このサイトをみて脇の脱毛がこんなに安いんだと知ったことも大きいですね。

人生初の脱毛サロンはドキドキでした。同じ女性とはいえ、初対面の人に身体を晒すなんて…。
元々脇脱毛だけのつもりでカウンセリングに行ったのですが、プランを見てみると全身脱毛でもとても安いことに気づいて、それだったらと脇脱毛だけのプランから全身脱毛プランに変更しました。

全身プランにすると、脇だけでなく股周りもすべて見られて緊張でした。

担当の方は少しデリカシーのない方で、部位によって「ここは人より毛が多い(少ない)ですね」といちいち報告する方でした。脇は「人と比べて目立つほうかもしれませんね」と言われてショックでした。

担当者への印象の悪さとは対照的に、施術自体は満足しています。まだ数回したしていませんが、毛が生えるのが遅くなった気がするのと、時々できていた毛詰まりによる赤い吹き出物が少なくなった気がするのが満足ポイントです。特にこの毛詰まりは目立つので改善されてよかったです。

脱毛サロンに通って良かったこと

エステサロンのフラッシュ脱毛や美容クリニックのレーザー脱毛、家庭用のフラッシュ脱毛が可能になった今、つくづく思うことは、強引な処理を続けることで真っ黒なシミや黒ずみを体中に残さずに済んでよかった、ということです。
真っ黒なシミや黒ずみが多いと、施術の際の刺激が強くなるそうなので・・・。(施術をすることで綺麗になる場合もあるようですが。)

やはりどんな方法でも、くれぐれも、「強引な」除毛処理だけは避けた方が良いのでしょうね。お肌そのものにもダメージが残ってしまう場合もありますから。